cocore

プレスリリース

2008年10月1日

平成20年10月1日
株式会社ココア

バーチャルドライブで未来都市を駆け巡る
10月1日「TOYOTA METAPOLIS」正式版グランドオープン
F1モーターホームを新設、記念イベントが目白押し


株式会社ココア(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:森山雅勝)は、インターネット上で展開されている仮想空間サービス「meet-me」において、バーチャルカーライフを体験できる未来都市「TOYOTA METAPOLIS (以下、「トヨタメタポリス」 http://metapolis.toyota.co.jp/)正式版が、10月1日(水)16時にグランドオープンすることを発表します。

「トヨタメタポリス」は、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)が今年4月17日にβ版として開設した、人とクルマ、地球と未来・夢・楽しさ、自然との共生をテーマにした3次元仮想都市であり、これまでに新車アルファード・新型ヴェルファイアの発表、パーソナル移動支援ロボットWingletの紹介等、新しいコミュニケーションメディアとしての試みが展開されてきました。約半年に渡るβ版運営を経て、正式版グランドオープンに際し、都市デザインが大幅にリニューアルされ、“クルマの街”ならではのバーチャルカーライフ体験サービスが拡充されます。

新しく始まるバーチャルカーライフ体験サービスとしては、ヴィッツやプリウス等、実際に販売されているトヨタのクルマを高精度3Dモデルとして再現したバーチャルカーを試乗あるいは購入することにより、トヨタメタポリスでのバーチャルドライブを実現、ドライブチャット機能や音楽番組配信機能を搭載し、クルマをより身近に楽しんで頂くための仕掛けが盛り込まれています。また、F1ヨーロッパ遠征にてサーキットに設置され、トヨタF1チームスタッフが活動拠点とする移動式F1施設「モーターホーム」がトヨタメタポリス敷地内に出現し、施設内部のチーム代表オフィスやシャワー室に至るまで再現され、F1の世界を体験することができます。

左: プリウスによる実車さながらのバーチャルドライブ
プリウスによる実車さながらのバーチャルドライブ
右: トヨタF1チームの移動式F1施設「モーターホーム」
トヨタF1チームの移動式F1施設「モーターホーム」



「トヨタメタポリス」ではグランドオープンを記念して、タレントとともにトヨタメタポリスを探検するツアーや、トヨタF1チームのヤルノ・トゥルーリ、ティモ・グロック、小林可夢偉ドライバーをゲストに迎えるF1日本GPイベント、更にはグランドオープン後、初のビッグイベントとして、スペシャルゲストが登場、ベストドレッサー賞が選出されるバーチャルパーティ等、盛り沢山のバーチャルイベントが企画されています。


■ トヨタメタポリスグランドオープン記念イベント
10月1日(水)16:00 グランドオープン
10月1日(水)22:00 バーチャル花火大会
10月5日(日)20:00 トヨタメタポリス探検ツアー at Ameba Studio
10月5日(日)20:30 バーチャル花火大会
10月11日(土)13:30 F1バーチャルライブイベント日本GP in トヨタメタポリス 予選イベント
10月12日(日)11:30 F1バーチャルライブイベント日本GP in トヨタメタポリス ライブトーク
10月12日(日)13:00 F1バーチャルライブイベント日本GP in トヨタメタポリス 決勝イベント
10月15日(水)19:30 バーチャルパーティ
10月15日(水)22:00 バーチャル花火大会

左: グランドオープンするトヨタメタポリスの全景
グランドオープンするトヨタメタポリスの全景
右: 9/28(日)に行なわれたF1シンガポールGPイベントの模様
9/28(日)に行なわれたF1シンガポールGPイベントの模様



「トヨタメタポリス」正式版は、公式WEBサイトにて利用登録完了後、専用アプリケーションをインストールすることによって利用することができます(β版ご利用者は継続利用が可能です)。


株式会社ココアについて
3Dバーチャルコミュニティ事業を展開することを目的として2007年3月に設立されました。ココアが運営する「meet-me」は、①カーナビと同等の地図情報から“東京”を再現、②現実社会に限りなく近い“コモンセンス”の維持、③初心者であっても心地よく過ごせる“親切”な仕掛けを提供、という特徴を持ち、2008年4月に「正式版」をオープン、日本人の感性に最も近いメタバースとして親しまれています。



報道関係者様お問い合わせ先
株式会社ココア 広報担当: 濱岡・宮澤
Tel: 03-4363-4630
pr@co-core.com


トップページに戻る