cocore

プレスリリース

2009年2月2日

2009年2月2日
株式会社ココア

「押井守と“未来”を語る」バーチャル独占講演の模様を
3次元仮想都市「トヨタメタポリス」においてライブ映像配信


株式会社ココア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森山雅勝)は、仮想空間サービス「meet-me(ミートミー)」上の3次元未来都市「TOYOTA METAPOLIS (以下、「トヨタメタポリス」 http://metapolis.toyota.co.jp/)」において、アニメや実写映画を中心に幅広く活動している押井守監督によるバーチャル独占講演の模様を、ライブ映像配信することを発表します。

2月19日(木)19時から、「押井守と“未来”を語る」と題して、トヨタメタポリスのイベントホール内に設置された大型スクリーンに、押井守監督とプロダクションI.Gの石川光久社長の実写映像がライブ配信され、リアルとバーチャル空間であるトヨタメタポリスとの間でのコミュニケーションが行われます。押井守監督が“未来”をテーマに、石川光久社長との掛け合いを通じて、熱く語ります。また、質疑応答の時間が準備されており、トヨタメタポリスに“マイキャラ”となって来場するユーザーが、押井守監督に直接質問を投げかけることのできる、またとないチャンスです。更に参加者の中から抽選で5名様に押井守監督サイン入りDVDが当たる特典が用意されています。

◎押井守と“未来”を語る
日時: 2009年2月19日(木) 19:00~21:00
場所: トヨタメタポリス イベントホール
出演: 押井守
石川光久
プログラム: 一部 講演
二部 質疑応答
特典: 押井守監督サイン入りDVD(抽選5名様)
参加条件: 無料

「トヨタメタポリス」は、トヨタ自動車株式会社が昨年10月1日に正式版としてグランドオープンした、未来のカーライフをテーマとしたバーチャルシティであり、人とクルマ、地球と未来・夢・楽しさ、自然との共生といった世界観を表現するにあたり、人や社会の本質を鋭く切り取る感性と、それを前衛的な映像やアニメーションで再現する手腕が、いまや日本のみならず海外でも高い評価を受けている、押井守監督によってデザイン監修が行われました。

【押井守】
●おしい まもる● 1951年8月8日生。アニメや実写映画を中心に活動している日本の映画監督、演出家。その他にも、ゲームクリエイター、小説家、脚本家、漫画原作者と活動は幅広い。代表作に『うる星やつら2 ビューティフルドリーマー』『機動警察パトレイバー2 the Movie』『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など。

【石川光久】
●いしかわ みつひさ● 1958年東京都生。プロダクションI.G代表取締役社長。大学卒業後、竜の子プロダクションに入社。1987年、同社より独立し創業。主なプロデュース作品として、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『BLOOD THE LAST VAMPIRE』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など。2004年より東京大学特任教授就任。2005年株式会社プロダクションI.Gはジャスダック証券取引所に上場。2007年プロダクションI.Gは持株会社体制に移行。

株式会社ココアについて
バーチャルコミュニティ事業を展開することを目的として2007年3月に会社設立し、メタバース(3D仮想空間)サービス「meet-me」正式版を2008年4月にリリースしました。「meet-me」は、①カーナビと同等の地図情報から“東京”を再現、②現実社会に限りなく近い“コモンセンス”の維持、③初心者でも“心地よく”過ごせる仕掛けを配備、という特徴を持ち、日本人の感性に近い和製メタバースとして親しまれています。



報道関係者様お問い合わせ先
株式会社ココア 広報担当:濱岡・宮澤
Tel: 03-4363-4630 pr@co-core.com


トップページに戻る