cocore

プレスリリース

2009年12月2日

平成21年12月2日
株式会社ココア

3D仮想空間内でのリアル・コマース開始
“「meet-me」内ヨドバシカメラ秋葉原店”で、デジタル家電を販売
リアル店員が接客、ポイント連携、オリジナル特典も


3Dバーチャルコミュニティ「meet-me」を展開する株式会社ココア(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:森山雅勝、以下、ココア)は、株式会社ヨドバシカメラ(本社:東京都新宿区 代表取締役:藤沢昭和、以下、ヨドバシカメラ)と共同で、3D仮想空間内でのリアル・コマース(商品販売)を、本日より12月25日(金)まで行います。 ココアとヨドバシカメラは、平成21年1月よりポイント交換提携を行っておりますが、今回のリアル・コマース実施は提携の第二弾となります。

期間中、"3D仮想空間「meet-me」内ヨドバシカメラ秋葉原店1F"にて、デジタル一眼レフ、液晶テレビ、ブルーレイレコーダーなどのデジタル家電をはじめ、ヨドバシカメラのリアル店舗で販売されている商品  計50品目が販売される予定です。ユーザーが「meet-me」内で購入した商品は、ヨドバシカメラからユーザーへ直送され、通常店舗での購入時と同様に「ヨドバシゴールドポイント」が付与されると同時に、「meet-me」内で使用出来るポイント"MMP"も付与されます。

今回3D仮想空間ならではの販売手法の特徴として、以下の4点が挙げられますが、これらの特徴を 活用し、両社は、近い将来"3D仮想空間内店舗"が既存の販売チャネルと並びうるチャネルとして成長  していくことを期待しております。

① カップルやグループなど"複数の人数"で、"リアルタイム"にワイワイとコミュニケーションを取りながら、ショッピングを楽しむことが可能になります。また、商品知識が豊富なヨドバシカメラの店員が、「meet-me」のアバターを自ら操作して、"リアルタイム"にユーザーの買い物相談にのってくれます。 これらはリアル店舗では実際に行われている事ですが、二次元のインターネット上では実現が難しかった取り組みです。

② 顧客が店員に遠慮してなかなか聞きにくい"ちょっとした質問"に対して、Q&A掲示板を仮想空間内に設置することで、顧客のより細やかな買い物ニーズに応えます。

③ 商品説明手法として、テキスト、静止画、動画の表示だけでなく、商品を3Dオブジェクトとして様々な角度から見たり、手にとったりすることが出来ます。

④ 特定商品を購入したユーザーに対して、ポイントだけでなく、仮想空間内デジタル3Dアイテムをノベルティとして付与することが出来ます。

今回は新たな取り組みとして、ニコンのデジタル一眼レフご購入の方にもれなく、シャッター音まで忠実 に再現された「3Dデジタル一眼レフ・アイテム」がプレゼントされ、仮想空間内での写真撮影の際にも ニコンのカメラをご愛用いただけるようになります。


ヨドバシカメラ外観イメージ   ヨドバシカメラ店内イメージ



株式会社ココアは、「meet-me」の更なるサービスクオリティの向上、ユーザー会員の満足度向上に向けて様々な施策を今後とも打っていく予定です。

株式会社ココアについて
3Dバーチャルコミュニティ事業を展開することを目的として2007年3月に設立されました。ココアが運営する「meet-me」は、①カーナビと同等の地図情報から"東京"を再現、②現実社会に限りなく近い"コモンセンス"の維持、③初心者であっても心地よく過ごせる"親切"な仕掛けを提供、という特徴を持ち、2008年4月に「正式版」をオープン、日本人の感性に最も近いメタバースとして親しまれています。

株式会社ヨドバシカメラについて
「新しい価値ある商品をお届けする」をキーワードに、カメラ、パソコン・OA機器、オーディオ・ビジュアル機器、家電、通信機器、ゲーム、玩具、時計、ブランド品、音楽・映像ソフトなどを販売。 ターミナル駅前の超大型店舗にて最先端の情報システム活用し、85万点を超える驚異的な品揃えで、顧客ニーズに対応しています。09年3月期の売上実績は7,012億円。経常利益は356億円。ヨドバシゴールドポイントカード会員は2000万人を超える国内最大規模のポイントサービスです。

報道関係者様お問い合わせ先
株式会社ココア 広報担当: 濱岡
Tel: 03-4363-4630 pr@co-core.com


トップページに戻る